ネイリストを目指すなら知っておきたいコト!!

どんなに好きなお仕事でも、気になるのは収入ではありませんか?
働き方別で見る収入の違いをまとめてみました!

 

ネイルサロンの場合

 

自分のライフスタイルに合わせて働くことのできるネイリストは世代問わず人気の職業です。

 

スクール卒業後すぐは正社員として働けるところは少なく、契約社員やアルバイトとしてまずは始めるところが多いです。

 

正社員になる前に、まずは試用期間として約3カ月アルバイトとして働かせるサロンがほとんどです。

 

アルバイトとして入った場合、サロンの立地にもよりますが都心で時給850円〜1300円くらい。

 

この差はネイリストとしての経験を考慮して時給を決める為です。

 

これが正社員として雇用されると、月給18万〜(+歩合)や経験に応じてどんどん収入が高くなっていきます。

 

収入アップの秘訣は、所持している資格にも変わってくるサロンもあります。

 

主婦の方には、嬉しい家族手当がもらえるサロンもありますので、求人はたくさん見比べてみると良いでしょう。

 

経験や腕が考慮され店長として働くことになった場合は、月収30万〜40万。多くもらう人は50万になる人もいます!

 

事務職のOLとして働いている人には夢のような金額ですが、転職してネイリストでは頑張ればこれくらいもらえる世界なのです!

 

スクール直営や系列サロンなら店長に昇格!という道も夢ではないので、練習やお客様への施術経験で腕を上げ収入UPを目指しましょう!

 

人気のネイルスクール講師の仕事!

 

スクール講師の仕事は生徒の資格取得を目指すために、ネイリストとしての経験が必要だと思われるかもしれません。

 

経験で収入に差が出るのはどのお仕事でも一緒で、それは講師として働く上でも反映してきます。

 

卒業後サロン未経験で講師として働く場合、初任給は18万円前後です。

 

これが、ネイルサロン経験者なら実力にもよりますが月収40万円前後もらう方もいるようです。

 

講師として働く場合に、持っておきたいのが『JNA認定講師』です。

 

合格すると日本ネイリスト協会の講師会のメンバーとしてイベント実行委員やコンテストの審査員、などに参加することが出来ます。

 

私は現場に出て働きたい!と言うのなら、サロンで働くのも良いですが講師として活躍するとかなりのコミュニケーション能力が養え、

 

仕事でも実生活でも役に立つかもしれません!

 

ネイリストで今人気のホームサロン!!

 

自宅やマンションの一室を使い、ホームサロンを開業したい!という方が増えてきています。

 

特に子育て中の方など主婦の方に人気ですね。独立開業というと、サロンで働いているときよりも儲かるイメージ。

 

自分好みのサロンにして、趣味としてネイルサロンを開き、ご近所のママを呼んで楽しく会話しながらネイルをするなんて憧れですよね!

 

独立開業、というわけですから経営管理、顧客管理などサロンの社長としての仕事も伴うわけですので、

 

これらの知識がないとかえってうまくいかないこともあります。そして、個人サロンですと日々のネイル勉強は必須です!

 

リピーターを獲得しないと続けていくには難しいと言われていますので、コミュニケーションスキルやお客様の目にとまるチラシやクーポン作りもします。

 

全て自分で行わなくてはいけないのです。せっかくの夢を壊したくありませんよね!!

 

ですので、ホームサロンを開業された人の中にはネイルと共にリラクゼーションについても学んでいる方がたくさんいますよ。

 

まずは開業して6ヶ月。月々10万〜15万円程度の収入が得られたら良いですね!

 

私の知っているネイルサロンは、海外で買い付けした雑貨を販売して副収入を得ている方がいます!

 

その辺りでは売っていない雑貨って、とても魅力的でついつい買ってしまうんですよね。

 

美容関係のサロンでお客様に無料でネイルをするなどして、顧客を獲得していくという方法も収入アップにつながるのではないでしょうか!

 

ホームサロンは、ネイルの技術はもちろんリピーター獲得、新規のお客様獲得など初めは厳しいかもしれませんが

 

努力次第でどんどん収入が得られるとても魅力的です!

 

人気モデルも通う人気のネイルスクールや第一線で活躍するネイリストを輩出したスクールでは、就職先のパイプも太くサロンのノウハウが豊富です!

 

そんなネイルスクールを探すならコチラの資料一括請求サイトですぐに探せます!